美容成分プラセンタ配合のエイジングケア化粧品は効果が期待できる?

プラセンタはエイジングケア化粧品にも多く使用されている、少し贅沢な美容成分というイメージです。
なぜプラセンタが良いのか、その理由をチェックしてみましょう。

 

プラセンタとは?

プラセンタというのは、哺乳類の胎盤の事です。

 

胎盤は胎児の成長に欠かせない豊富でバランスのいい栄養をたっぷりと蓄えているので、その栄養や成分がスキンケアにも効果が期待できるとして注目されるようになったのです。

 

ただし胎盤そのものを使うのではなく、胎盤に含まれる有効成分を抽出してエキスやエキス末として、化粧品や美容サプリメントに使用します。

 

胎盤と聞くと少しグロテスクなイメージを持ってしまいますが、美容面でも健康面でも高い効果が期待できる事から幅広く活用されています。

 

以前はウシ由来のプラセンタが主流でしたが、狂牛病が起きてからはウシ由来のものは使用せずブタ由来のプラセンタが主流となっています。

 

他にもウマ由来のもの、ヒツジ由来のものがあります。
ヒト由来のプラセンタは、美容クリニックで行う、プラセンタ注射に使用されます。

 

プラセンタが注目される理由

なぜプラセンタがここまで注目されるようになったのか?
これについては、プラセンタに含まれる成長因子が関係しています。

 

成長因子は細胞を活性化させる働きがあるので、細胞を活性化させ若返り効果が期待できるのです。

 

これによりエイジングケア化粧品にも多く使われるようになったのです。
プラセンタを配合した化粧品を使う事で、成長因子が細胞を活性化させ、若返り効果が期待できるところが、注目される理由です。

 

エイジングケアへの効果は?

エイジングケアにプラセンタを取り入れる事で、成長因子が細胞を活性化させ、年齢による肌トラブルを解消したり、軽減したり予防するという効果が期待できます。

 

年齢とともに基礎代謝が低下していくので、細胞の活動も鈍くなっていきます。
これにより体の至るところにも影響が出て、サイクルが乱れてしまいます。
プラセンタに含まれる成長因子は乱れがちなサイクルを、正常に導く効果が期待できます。

 

これにより肌のターンオーバが正常化され、シミやくすみの改善、肌細胞を活性化させる事で、失われがちなハリや弾力を取り戻す事ができるのです。

 

コラーゲン生成も衰えますが、肌細胞が活性化されるとコラーゲン生成もサポートされ、肌自体の再生力を高める効果も期待できます。
これこそが理想のエイジングケアとなります。