50代のエイジングケア化粧品に求める事とは?

年齢とともに体の水分や、健康な肌を維持するために必要な成分は失われていきます。
20歳をピークにして、50歳になる頃には、様々な物がピーク時の半分にまで減少していますので、本格的なエイジングケアが必要です。

 

50代からのエイジングケアとは?

コラーゲンは元々体内でも生成されていますが、20歳をピークに年々量が減っていき、50歳になるころには、ピーク時の半分にまで減少しています。

 

コラーゲンは肌のハリや弾力を維持するために欠かせない成分ですから、量が減少していけば、徐々に肌のハリや弾力も低下していきます。

 

こうなるとしぼんだ風船のようになってしまい、肌がたるみシワやほうれい線が目立ってきます。

 

エイジングケアは年齢による肌の変化に上手く対応しながら、不足しがちな成分を化粧品で補いケアしていく事です。50代には50代の肌に必要な成分を補う必要があります。

 

50代のスキンケアに必要な物

30代、40代とそれぞれに違った変化を実感するようになりますが、50代からはそれまでとは違った変化、特に老化を強く実感するようになります。

 

乾燥が進み、シワやシミなども目立つようになりますし、ハリが無い事で肌がたるみ毛穴が目立つ、ターンオーバーが低下するのでくすみなども強く感じるようになります。
しかし肌はきちんと必要な成分を補いケアをする事で、それなりに応えてくれます。

 

50代の肌は不足する成分も増えていくので、補う物も増えていきます。
一番重視すべきは保湿です。乾燥も肌の奥から乾燥していくので、深層部まで潤いを届け、与えたうるおいを逃がさないよう仕上げに蓋をする事も大切です。

 

おすすめのエイジングケア化粧品

50代からのエイジングケアは、ただ潤いを与えるだけではダメです。
肌の奥まで乾燥が進んでいるので、深層部にまで届くうるおい成分を配合した化粧品を選びます。

 

エイジングケア成分としては、ビタミンC誘導体、レチノールがありますが、これらの成分が配合されているのが理想です。
コラーゲン、ヒアルロン酸など肌の潤いとハリや弾力を導くのに欠かせない成分も、ナノ化して深層部にまで届くような物を選びましょう。

 

最近は50代女性に向けたエイジングケア化粧品も増えているので、対象年齢を参考にして選ぶ事もできます。
中には少し高価な化粧品もありますが、ケアをする時は適量を使う事も大切です。
目元や口元は特に乾燥しやすいので、重ねづけをするなどケアの仕方にも工夫が必要です。