自立から最も遠ざかったふくしま 伊藤 江梨


 ふくしま会議理事の山田純さんといわき市の夜明け市場で飲んだ席で、山田さんが東京の方に「福島はもう国や東電から賠償や支援を受け続けて、日本のお荷物となって生きていくしかない」と言われた、という話をした。反論しようと思ったが、「気持ちはわかるけど、現実的にはそうならざるを得ないだろうという分析として」と言われ、そうかもしれないな、と少し得心した。どうやら山田さんや私が一生懸命何かをやろうとしているのも、基本的には無駄なことだ、ということらしい。

 「地方自治」「地域主権」の目指すところは、地域の「自立」である。中央集権体制の下で、国に言われるままに、地域や実際の現場にそぐわない施策がなされる現状から脱却するために、国が掌握している権限と財源を獲得する。そのためには、地方にはびこる「国任せ」「国依存」の体質から、地域自身が抜け出さなければならない、という側面をはらんだ交渉だった。
飯舘村が自分たちに合った「までい」な暮らしを目指し、地域づくりの一つのお手本となったことも、双葉郡が東京電力の原発を誘致し大きな経済力を得たことも、ある意味では地域が「自立」を目指すという側面があった(だから、双葉地域や多くの原発立地地域は、国の「アメとムチ」を駆使した「平成の大合併」を逃れた。誘致によって、東京電力との共依存関係が出来上がったという側面はあるが)。

震災前に開かれていた、飯舘村での田舎暮らしを体験してもらう「までいな休日」。自宅前の沢で採れた新鮮なヤマメを炭火で焼いて食べる。震災前は、「水道料を一度も払ったことがない」という村民もいた。

震災前に開かれていた、飯舘村での田舎暮らしを体験してもらう「までいな休日」。自宅前の沢で採れた新鮮なヤマメを炭火で焼いて食べる。震災前は、「水道料を一度も払ったことがない」という村民もいた。

 震災以降、福島には多くの支援が入る一方で、福島は「お荷物」と呼ばれる、最も「自立」から遠い地域になってしまったのかもしれない。絶対的に必要な、正当な対価としての賠償、善意による各地からの支援、国や東電による廃炉・放射性物質処理・除染作業、苦しんでいる人にとって必要なものが、その輪から抜け出せなくする。仕事がなくなってしまったために受け取る賠償金は、新たに仕事を始めることを難しくする。補助金で無料の遠方保養事業を始めるNPOができると、有料で同様の事業をしていた事業者が事業を継続できなくなる。土地と人とが離され、苦境にある双葉地域は、国と原子力関連産業への依存度をさらに高めていく。

 「自立」という言葉は、他方で本当に助けが必要な人が助けを求めることをしにくくし、本来、責任のある人にその責任を放棄しやすくさせる。
それでも、最終的には自らの力で立っていかなければならないと思う。私は決して「可哀そうな福島県民」ではないと思っている。「可哀そう」という喧伝と、「○○してほしい」という要望合戦にはもううんざりしている。

 東京からフリージャーナリストの魚住昭さんがいわき市に来た際に「あなたはここでこうして何かが変えられると思っているの?」と私に尋ねた。私は「6対4で変わらないと思う」と答えた。今は「4割は多く見積もりすぎたな」と思っている。

 何をすればどう変わるのかなんてわからない。何も変わらないかもしれない。福島はこのまま日本のお荷物になるのかもしれない。学生運動や政権交代やデモをすれば何かがよくなると思えたころとは違う。
衰退の恐怖の中で、ゆっくりと大きなものへの依存度を高めていく地域にあって、私はその状況を止めることもできずにいる。私がここにいる意味は小さい。それでもその小さな可能性の糸を少しずつ集めて行こうと思う。