アトピーやアレルギー等の肌トラブルを抱えた方のエイジングケア化粧品

アトピーやアレルギーがある人は、化粧品選びにも慎重さが必要です。
年齢とともに体の水分が減っていくので、元々肌が弱いアトピーやアレルギーを持つ人は、さらに肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

アトピーやアレルギーの人の特徴

アトピーやアレルギーの人は肌が過敏になっているので、ちょっとした刺激やダメージにも大きく反応してしまいます。

 

一般的にアトピー・アレルギーの人は肌のバリア機能が弱く、乾燥しやすいため普通肌の人にはそれほど影響がない刺激でもダメージが大きくなってしまいます。
一般的な化粧品の中には、添加物や化学的に合成した成分を使用しているものが多く見られます。

 

普通肌の人には特に問題がなくても、敏感に反応するアトピーやアレルギーの人には大きな刺激となります。

 

成分自体がアレルゲンの場合は、アレルギー症状が出てしまうので、炎症を起こし肌には大きなダメージを与えてしまいます。

 

どんな化粧品を選べばいいの?

ではアトピーやアレルギーの人はどんなエイジング化粧品を選べばいいのでしょうか?
今使っている化粧品に物足りなさを感じるようになったら、そろそろエイジングケアを始める時期に来ているのかもしれません。

 

この場合はまず、今使っている化粧品が問題なく使えているなら、同じシリーズの美容液やナイトクリームをプラスしてみましょう。

 

すでにプラスしている場合は、同じメーカーでエイジングケアラインがあるなら、それを試してみます。
お試しセットがあると、購入前に試せるので安心です。

 

アトピーやアレルギーの人におすすめの成分

アトピーやアレルギーの人のエイジングケア化粧品を選ぶ時は、乾燥によりダメージやトラブルが増えるので、保湿ケアを重視します。
保湿力の高い成分が配合されていると安心です。

 

保湿成分にも種類はありますが、できるだけ肌に刺激を与えない、低刺激処方や添加物を使用していない無添加のエイジングケア化粧品を探してみてください。
化粧品のつけ心地や使い心地を高めるため、加工の時に性質が異なる成分を混ぜ合わせる時に界面活性剤を使用します。

 

これにより使いやすいテクスチャーにする事ができますが、アトピーやアレルギーの人には、界面活性剤が肌に刺激を与えたり、負担をかけたりするので界面活性剤はNGとなります。

 

美容液は一見肌に良さそうですが、高濃度のビタミンC誘導体が配合されている物は、肌にピリピリとした刺激になる事もあるので、無理に使わなくてもOKです。

 

おすすめの成分は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンです。