エイジングケア化粧品を使い始めるのは意識した瞬間から

 

エイジングケアが必要になるのはかなり年齢を重ねてからというイメージがありますが、肌に今までと違う何らかの変化や衰えを感じたら、それがエイジングケア化粧品が必要な時期と考えます。

 

エイジングケア化粧品は何歳から使う?

エイジングケア化粧品が必要になってくるのは、40代から50代というイメージを持たれがちですが、肌に必要な美容成分は20歳をピークに年々減少していくので、これを考えると20歳からエイジングケアを始めても早すぎるという事はありません。

 

むしろ早い時期にエイジングケアを始める事で、5年後、10年後の肌が変わってくると言われています。

 

しかし実際のところは、20歳ではまだ肌も衰えを実感する事は少ないので、年齢にあったスキンケア化粧品を使う程度で十分です。

 

肌トラブルで選び方が変わる

肌に起こるトラブルにより、必要な成分は変わってきます。

 

例えば夏に日焼けをしてソバカスができても、秋になる頃には消えていたという時、年齢とともにソバカスが消える時期が遅くなってきたと感じるなら、それは肌のターンオーバーが低下しているサインと考えていいでしょう。

 

ただこの場合は肌のターンオーバーを促進させる効果が期待できる成分お必要としていますので、潤いを与えるケアよりも、ターンオーバーを促進させるケアを重視します。

 

毛穴が目立つようになった場合は、肌がたるみ下に下がる事で、肌が引っ張られて毛穴が広がっているので、肌のハリを取り戻すケアを重視します。
上に引き上げるケアと同時に、毛穴を引き締める毛エアを取り入れるとより効果的です。

 

切り替えるコツは?

エイジングケア化粧品に切り替えるコツは、年齢を目安にしてもいいかもしれません。
化粧品にもシリーズがあって、シリーズごとに対象年齢などもある程度決まってきます。

 

20代ではまだ気にならなかったという人も、30代にさしかかりそろそろ年齢サインが出始めたと感じる事も増えてきます。

 

こういう場合は30代の肌に必要な成分を配合した、化粧品に切り替える事で対処できますし、年齢に合わせて必要なエイジングケア成分を配合した化粧品を選ぶ事ができます。

 

特に変化を感じなくても、年齢を重ねていくと少しずつ肌も変化していくので、早め早めにエイジングケアを取り入れていくのもいい方法です。

 

今使っているスキンケアに満足しているなら、美容液やナイトクリームをプラスするというのもいいかもしれません。
年齢とともに少しずつ贅沢なケアをプラスしていきましょう。