エイジングケアを意識した化粧品選び

 

人は誰でも歳をとりますし、歳をとれば老化がいたるところに見え隠れし始めます。
女性の場合は肌の衰えを感じるとエイジングケアを意識し始めます。これは誰もがいずれ経験する事です。

 

エイジングケアとは?

エイジングケアというのは、年齢によって衰えた部分をカバーしたり、不足している美容成分を補ったりするケアの事です。

 

アンチエイジングとも言いますが、年齢を重ねる事は避けられなくても、年齢による肌の衰えはエイジングケアで対処する事ができます。

 

良い意味で年齢に逆らう、これがエイジングケアです。

 

エイジングケアというと少し年齢を重ねてからをイメージしますが、年齢関係なく何かしら肌の変化を感じた時から、老化が始まっていると考えます。
早い人は20代や30代からエイジングケアを始めています。

 

エイジングケアはいつから始めればいい?

エイジングケアを始める時期については、個人差もありますが、少しの変化でもエイジングケアを始めるきっかけになります。

 

例えばシミが増えた・くすみが強くなったと感じるという場合は、肌のターンオーバーが乱れ始めているサインです。

 

毛穴が目立つようになってきた、ほうれい線が以前よりもはっきりしているように感じる、メイクのノリが悪くなってきた、アイラインがきれいに引けなくなっているという場合は、肌が乾燥してハリや弾力が低下している可能性が高いです。

 

このような状態は年齢肌のサインと考えていいでしょう。
何かが違うと感じた時に、エイジングケアを始める時期と考えるのが自然です。

 

エイジングケア化粧品の選び方

エイジングケアを始めるにあたり、エイジングケア化粧品が必要ですが、エイジングサインによって必要な成分は異なりますので、エイジング化粧品の選び方も変わってきます。

 

シミが増えてきた、くすみが強くなってきたと感じる場合は、美白を重視しますので、美白化粧品を選びます。
エイジングケアでの美白は、ビタミンC誘導体が配合されている薬用美白化粧品がおすすめです。
美白化粧品はこれからできるシミを予防するので、今あるシミにはハイドロキノンなどが有効です。
ビタミンC誘導体はコラーゲンとも相性がいいので、たるみで毛穴が目立つ時やほうれい線が目立つ時は、ハリのある肌に導くコラーゲンとビタミンC誘導体を配合した化粧品がおすすめです。

 

シワは乾燥が原因ですから、肌に潤いを与え保湿をするヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなど高級美容成分がおすすめです。